• トップページ 【特集】妊活・妊娠中の「葉酸って本当に大丈夫?」のヒントが見つかる

妊活・妊娠中の「葉酸って本当に大丈夫?」のヒントが見つかる ~葉酸いぃとぉ?葉酸なんでも情報室

 
    葉酸いぃとぉ?葉酸なんでも情報室


  • 妊活中や妊娠初期に摂取

    妊活中や妊娠初期に摂取することが推奨されているのが葉酸です。

    一般的な理由としては「胎児の神経管閉鎖障害を予防するため」に必要だとされていますが、葉酸は様々な効果があるため出産後にも積極的に摂りたい栄養素だとされています。

    葉酸とは、ホウレンソウの葉から見つかったビタミンB群の仲間になります。

    別名「ビタミンM」「ビタミンB9」とも呼ばれており、細胞が増殖するためのDNAやRNAの合成に働いて細胞分裂や発育に必要になります。

    妊娠前から初期にこの栄養素を摂取することは胎児の細胞分裂などをスムーズにする効果があるため神経管閉鎖障害の発症リスクを低下させることもわかっています。


  • 厚生労働省推奨

    日本では2000年から厚生労働省が妊娠の可能性のある女性は通常の食事から摂取することを、葉酸サプリなどによる補助食品から1日400μgを摂取するように推奨されています。

    初期では葉酸を多くとるように推奨されていますが、中期や後期になると240μg授乳期には100μgを摂取することが良いとされています。

    ビタミンB群の一種のため、ビタミンB12と共に赤血球を生成をサポートする働きもあり「造血ビタミン」とも呼ばれているため貧血予防にも役立ちます。

    葉酸いぃとぉ?葉酸なんでも情報室


    【関連記事】≪サプリによる400マイクログラムの葉酸摂取を推奨≫過剰摂取を避け胎児と母体共に元気に



  • 葉酸不足による貧血や流産予防

    一般的には鉄分が不足することによって「鉄欠乏性貧血」は起こりますが、ビタミンB12と葉酸不足による貧血は「悪性貧血」とも呼ばれ、不足することで赤血球の元となる赤芽球の合成が作れずに正常な赤血球も生成できなくなることから貧血につながります。

    そのため、これらのビタミン類をしっかりとることによって悪性貧血を予防することができるようになると言われています。


    【関連記事】葉酸不足による胎児やママへの影響を考える

    また、流産を予防する効果もあるとされています。
    流産の多くの原因は胎児の染色体異常や先天性異常がある場合に流産してしまいます。
    染色体異常に対する効果はわかっていませんが、先天性異常の流産に対しては予防効果があるということがわかっています。

    また母体側の問題である胎児を育てる準備が整っていないことで起こる化学流産などがありますが、これらに対しても葉酸が子宮内膜を強化して受精卵を守る力を高めたり血液が造られることで子宮への血流も良くなり胎児の成長を助ける効果などが期待できます。

    ほかにも、自閉症障害になる確率を下げるつわりを軽減する効果があり、免疫機能を高めて造血作用によって母乳の出が良くなることで赤ちゃんにも栄養が行きやすくなり発育が良くなることなどが考えられます。


  • 食事とサプリで摂取

    葉酸には様々な効果がありますが、葉酸を摂取するためには食事とサプリメントでの摂取が推奨されています。

    葉酸がよく摂れる肉・魚葉酸がよく摂れる野菜葉酸がよく摂れる果物など様々なさまざまな食品や食事から葉酸摂取が望まれます。

    食卓によく並ぶ食材としてはホウレンソウや枝豆、モロヘイヤなどが一般的で、含有量を比べると植物性のものよりもレバーなどの動物性のものの方が多く含まれます。

    水溶性ビタミンであるため、水に溶けやすく加熱に弱いという性質があるため野菜や果物から摂取する場合には洗いすぎたりせずになるべく新鮮な状態で摂取することがオススメです。スープや煮込み料理などで熱を加えると、煮汁に溶け出してしまうため煮汁ごと摂取するようにすると身体の疲れや家事の手間などを省いてくれるので身体にも優しいですよね。

    近年では、野菜不足やインスタント食品などの加工食品を利用することで偏食になっている人も多くおり、十分に補えていないというのも現状で、さたにこの栄養素は飲酒や喫煙によっても消費されるため注意が必要です。

    妊活中や妊娠中である場合には、食品でも積極的にとっていくことが大切でサプリメントも食事で補いきれない量を補うには効果的といわれており、また葉酸サプリの種類は様々なものがありますが、選び方としては天然のものと合成のものがありますがなるべく吸収率の良い合成のものを選んでください。

    【関連記事】天然葉酸と合成葉酸の違いをみてみましょう

    製造や管理体制、商品の検査などがしっかりしている第三者機関などからも検査を受けている製品が良いとされており、葉酸はもちろんですがバランス良く必要な栄養素を摂取できるサプリメントを選ぶことが必要となります。



  • 過剰摂取による副作用

    一般的に健康に良いからと過剰摂取しても効果が期待されるものではなく、過剰摂取による身体に悪い症状などもでてきます。

    副作用としては、食欲不振や吐き気、むくみなどの症状が出てきてしまう可能性もありますし、皮膚に紅斑やかゆみなどのアレルギー反応が現れたり、全身に倦怠感が現れることもあります。

    水溶性ビタミンですので、体外に排出されやすいことからこれらの副作用も確固として裏付けされたものではありませんが、サプリメントを摂取する場合には用法用量を守って1日に必要な量を適切に摂取することが大切です。

    【関連記事】≪任活・妊娠中に過剰摂取≫による葉酸の副作用

    食事とサプリメントで摂取していくことによって様々な効果を得ることができますし、サプリメントは信頼できるものを選んで体に必要な分を摂取することが胎児の健康や自分の健康につながっていきます。


    ≪もっと葉酸の情報や妊活・妊娠中の体験談などを知りたい方は葉酸なんでも情報室をご覧ください≫